検索
  • kawasaki

美しさの秘密は、高級コピー用紙!


STEERで使っているコピー用紙についてレポートします。デザイナーって紙に拘る人多いと思います。その一人がウチの社長です。名刺はもちろん、お客さんに提案する紙とか色には気を使います。私が何気なく使っているコピー用紙ですが、たまにお客さんから「キレイ」とか「上質な紙」って言われることがあるんです。その秘密を探ってみます。




STEERで普段使っているコピー用紙と、一般的なオフィスで使っている用紙を比較します!


左/Canon高白色用紙(STEERで利用)と、右/KOKUYOコピー用紙(一般的なオフィス)










(1)厚さと感触チェック! Canonは1枚あたり0.097mmで、KOKUYOは0.09mm。1冊で見るとCanonの方が分厚いのがわかります。感触はCanonはツルッとしています。KOKUYOはサラッと。光に当てると透け感も違います。






左がCanon


















(2)色見チェック! Canonは真っ白!白色度100%。KOKUYOは白色度80%。ちなみに再生紙は70%、新聞は55%だそうです。

左がCanon












(3)印刷チェック! Canonは鮮やかな発色。KOKUYOもくすんだ色。色もムラもあります。












結果。STEERで使っているCanon高白色用紙が圧勝です!KOKUYOも悪くないのですが、プロのデザイナー的にはCanonを選びます!

最後に値段対決! Canon高白色用紙(1冊)2,109円、KOKUYOコピー用紙(1冊)633円。こちらもCanonが圧勝・・・。3倍以上もする紙でガンガン出力してました。笑

39回の閲覧